留学を成功させるには?その2

海外に留学して、何がしたいか? って言う質問、以前のブログでも書きましたが、日本人以外の友達が作りたい!っていう人が大勢います。

 

カナダの場合、大都市であるバンクーバーやカルガリー、トロント、モントリオールなどに行くと、かなりの割合で日本人留学生が同じ学校にいます。

 

語学学校でも、母国語禁止!は、どこでも言われますが、実際、100%実行できているところは少ないように思えます。

 

だから、嫌でも日本人の友達がすぐに出来てしまい、そうなると現地での友達は作りにくくなります。

だって、どう考えても、日本語でやり取りできる方が、話が早いし、心の奥底までの話ができますもんね?

 

でも、心地よい環境から一歩外へ踏み出すことは、とても大切だと思います。

 

カナダに移住すると決めた以上、日本人だけじゃなく、現地に住む色々な人とのつながりを持たないわけにはいかないし、その方が子育てや仕事に係わる情報もたくさん入ってくるはず!

そんな友達を持たないのは、損!!!

 

私の場合は、アイスホッケーというスポーツが仲間作りに大いに役立ちました。

最初は、チームを見つけるのも大変だったし、アジア人のいない世界だから、私の英語力では、とってもにぎやかな、スラングだらけのドレッシングルームでの時間は、苦痛でした。でも、ここで踏ん張らなきゃ!とまずは、切り落とされないように、プレイの腕を磨きながら、着替えている時も一生懸命、みんなの話していることについていこうと、聞き耳を立てたり、隣に座ってる人になんの話しか聞いたりしているうちに、今ではみんなを笑わすことも出来るように成長?!しました。

 

ほとんどのホッケープレイヤーたちは、子供時代や大学などでの共通の友達などがいるため、そういったツテでチームを組んでしまいます。そんな中、ゴールキーパーというポジションは、1チームに1人いれば良い状況なので、それこそなかなか入り込むことが難しい。。。

でも、ノバスコシア9年目・・・女子リーグで私のことを知らない人はいないはずです。

 

何事もやらないで諦めるより、恥をいっぱいかいて、失敗してみるほうが、納得がいくと思います。いっぱいの勇気があるし大変だけど、とても前向きな生き方だと思います。

 

海外に進出している人たち、最初っから英語がぺらぺらだった人なんで数少ないと思います。

最初から、仕事や勉強で認められた人も少ないと思います。

みんな恥じをいっぱいかいて、努力してきたから、今の自分があるんです!

 

今、もし留学中の人で、友達ができない・・・と悩んでいる人がいたら、是非、自分の殻を破って、新しいことに挑戦してください!

 

例えば、学校の休み時間や放課後にあるクラブ活動のようなものに参加するとか、ホストファミリーがキリスト教の信者だったら、そのユースグループに参加するとか・・・。もしくは、ボランティアをするのも良い経験になると思います。

 

どこかに自分の居場所を見つけたら、毎日が一段と楽しくなるはず!ほんの少しでも、自分に自信が持てたら、もっと前進できますよね?

 

もし私は、こうして留学を楽しんでいます!とか、こうして海外生活を楽しんでます!っていうのがあれば、是非コメントで教えてください。

 

留学生活。。。楽しいことばかりではないけれど、少しでも楽しいものにするのは、『自分』です!