ノバスコシア州でのカナダ留学

 

カナダの教育に関しては、州政府の教育省に任されています。

ですから、州によって、学年の分け方も違えば、13年生がある場所などもあります。

ノバスコシア州では、現在の小学校1年生は、誕生した年によって学年が決まっています。

ちなみに高校生になる息子の時代は、9月からのスタートに合わせ、9月生まれから翌年の8月生まれまでが同じ学年となっていました。

確か、4,5年前に今の形に変わったと思うのですが、どちらにしても、その子の成長により、誕生月が学年の切れ目の前後の場合、どちらの学年に入るかを選択することが可能になっています。

日本からお仕事の都合で引っ越して来られたり、留学で来られる場合、希望を出せば一学年下の学年に入ることも可能です。

ノバスコシア州の中にも、P(プライマリー)から6年生までが小学生、7~9年生が中学生、10~12年生が高校生のところもあれば、5年生までが小学校であったり、中学高校が一環だったりもします。

特に中学校を日本で卒業された場合、3月末もしくは4月にそのまま渡加し、現地の中学校に通学されることをお勧めします。

そして、6月末にこちらでも中学校を終え、夏休みに行なわれるサマーキャンプ(ESLキャンプ)に参加すれば、尚さら英語力が身に付きますし、生活に慣れた状態で高校への進学が可能となります。