ビザ(査証)について

留学するときに、パスポートが必要なのは当然ですが、目的や期間によって、ビザの申請が必要となってきます。

 

ビザに関しては、国と国の間で簡易化されている場合もありますので、自分の渡航目的や滞在予定期間などを考えた上で、渡航先のビザセンターの決まりをよく調べてみることが必要です。

 

また、ビザに関しての決まりは、予告なく変更されることもあります。常に新しい情報を入手することが不可欠です。

 

弊社がお手伝いしている生徒さんは、カナダに渡航したいと考えている方々ですので、ここからは、カナダのビザに関して書かせて頂きます。

 

① 6か月以内の滞在で、語学学校やその他の学校で勉強がしたいと考える場合。

(学校の体験留学や視察、サマープログラムなどの参加の場合もこの中に入ります。)

→ 『観光ビザ』(Visitor Visa)

*『観光ビザ』・・・現在、日本国籍もしくは韓国籍の方がカナダに渡航される場合、6か月以内の滞在なら『観光ビザ』の申請は免除されています。渡航の際は、必ず往復の航空券を購入し、6か月以内の滞在であることを証明して入国して下さい。

 

② 6か月以上の滞在で、現地の公立(州立)・私立の学校、語学学校などで勉強を目的にカナダに渡航される場合。

→ 『学生ビザ』=就学許可証(Study Permit)

*『学生ビザ』・・・16歳以上の方は、オンライン申請が可能です。16歳未満のお子様の場合、フィリピン(マニラ)のカナダ大使館査証部に郵送申請が必要となります。

その他、健康上の理由などにより、16歳以上でも郵送申請が必要な方もいらっしゃいます。

まずは、CIC(Citizenship and Immigration Canada)のサイトで、質問事項に答え、どのような申請方法が必要か確認してください。

CICウェブサイト: http://www.cic.gc.ca/english/visit/visas.asp

 

③ 6か月以内の留学の予定だけれど、もしかするとそれ以上滞在したくなるかもしれない場合。

→ 『学生ビザ』

*『学生ビザ』をカナダ国内から申請することは出来ないとされており、リスクを伴います。半年以上の滞在の可能性がある場合には、前もって『学生ビザ』を取得されることをお勧めします。

 

④ 18歳以上30歳未満の方で、勉強もしたいし仕事もしたい場合。

→ 『ワーキングホリデービザ』(International Experience Canada)

* 『ワーキングホリデービザ』の発給は、2014年現在6500人が定員でした。定員に達しますと申請を締め切りますので、申請されたい場合はお早目に手続きして下さい。

CICウェブサイト:  http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/index.asp

 

*2014年6月のビザ改正に伴い、大学やカレッジ、専門学校に『学生ビザ』で『フルタイム学生』として留学されている方は、週20時間以内であれば、アルバイトが出来るようになりました。ただし、語学学校の留学生には適用されません。

 

以上、2014年12月現在の情報です。

 

語学学校での学習は、必要か?

 

これは、日本での語学学校の話ではなく、カナダに来られてからの語学学校の話です。

 

数年前までの私なら、語学学校へ通うより、最初から小学校や中学校に通うことを勧めていました。

 

ハリファックス市内にある語学学校はその当時、どうしても大人や大学生が目立ち、高校生ならまだしも、小学生や中学生が通うには・・・と言った感じだったからです。

 

高校生の場合にも、やはりアフタースクールなどでの付き合いで、外食や買い物に時間やお金を費やしてしまう生徒さんが目立つため、あまりお勧め出来ませんでした。

 

だけどご存じのとおり、日本の一般的な学校で教えている英語は、留学生活には役に立つことわけはなく、何も分からない状態でクラスに座っているのはみじめです。

 

そんな中、小学生って凄い生き物ですよね。生き物・・・なんて言ったら失礼ですが、人間の才能を遥かに超える才能の持ち主だと思います。

 

我が家でステイしていた小学生たちも、わずか数か月で、学校の友達との会話が成り立つようになるんですもの。

 

学校生活や遊びの中で、どんどん新しい言葉を吸収していく力が、無限に備わっているのでしょう。

 

中学生の場合も、学年を一つ下げるくらいで、気持ちにゆとりを持たせてあげれば、そのまま学校に入ってしまっても大丈夫なはずです。最初の1年間は、新しいことを学ぶのではなく、今まで習ってきたことを英語で復習させてあげれば良いのです。

 

でも、高校生は別です。

 

単位を取得しなくては卒業できない高校。

 

地元の高校生ですら良い点を取るのが難しい科目もあります。

 

その中で、高得点を取って、大学進学を目指す!となれば、プレッシャーがかかります。

課題はどんどん出されるし、時間が過ぎる一方・・・。

 

だから、高校生の場合、高校生に合ったカリキュラムを用意している語学学校に通うことをお勧めします!

 

やはり、語学学校の先生は、英語が母国語でない私たちに英語力をつける手伝いをしてくれるプロです!

 

最近、語学学校がそんな高校生たちに合ったプログラムを用意してくれるようになりました。学校との懸け橋になってくれるわけです。

 

どんな学校が良いかは、人それぞれなので、お問い合わせ下さい。

 

語学学校で、しっかりと語学力を身につければ、留学がより一層楽しめるはずですよ!

留学に必要な英語力

 

 ノバスコシア州に留学する際、公立のNSISPプログラムに参加する場合には、特に必要な英語力は定められていません。

 

とはいえ、ほとんどの日本人留学生たちは、こちらに来てから、

 

「もっと英語を勉強してくるべきだった・・・。」

 

「英語が話せれば、もっと楽しめたはずなのに。」

 

と、苦労しています。

 

日本で有名な英検は、日本独自のものですので、あまり参考になりませんが、最低でも英検3級レベルは必要です。

 

私立学校の場合、TOEFLやIELTSのスコアが必要な学校もあります。

またカナダでは、CLBというベンチマークを利用されています。

 

私立学校の場合、初級レベルの留学生を引き受けてくれる学校は、少ないと思ってください。中級レベルになるまで、語学学校などでの訓練が必要になります。

 

NSISPプログラムなどの公立学校への留学でも、やはり初級レベルでは、留学を楽しむことは難しいです。

 

特に中学生以上の生徒さんは、しっかりと英語を身につけてから挑戦できることが、望ましいですね!

 

ノバスコシア州にも、お勧めの語学集中コースがありますので、ご相談下さいね!



 

ノバスコシア州に留学をしたい人集まれ~!

 

長らくご無沙汰しておりましたが、本日から気分を改め、ノバスコシア州への留学最新情報を更新して行きたいと思います。

 

まずは、一番有名な『NSISPプログラム』。

 

ノバスコシア州にある7つのスクールボード(教育委員会)が協力して行っている公立小・中学校及び高校への留学プログラムです。

 

本日問い合わせたところ、2月編入にもまだ間に合うとのこと!

 

就学ビザ(Study Permit)が必要な方は、余裕がありませんので、お早目にお問い合わせ下さい!

 

そして、9月入学・編入をご希望の方には、12月中にお申込みが完了される方には、特別なサービスをご用意しておりますので、お見逃しなく!

 

お申込みには、現在通われている学校からの成績証明書(英文)が必要となりますので、学校が冬休みに入ってしまうまでに、担任の先生や留学カウンセラーの先生にご相談下さい。

 

では、いつでもお問い合わせをお待ちしております!

4月の留学生たち!

3月の末になっても吹雪くこともあり、なかなか春らしいお天気にならない今年のノバスコシア州。

おかげで森の生き物も、食べ物を探して家の庭にちょくちょく顔を出します。

そんな中、ノア・イースターの合間を縫って、到着する予定の3人を迎えにトロントまで行ってきました。

オンタリオ州も北部は雪の、この日。

トロント市内は快晴でした!

空港内だけで過ごすのはもったいないので、バスや地下鉄を乗り換えて、イートンセンターで昼食。

ちょうどこの日は主人が日本出張から帰ってくる日に当たったので、任せてしまおうか?とも思ったのですが・・・。

良かった。一人に任せなくて!

エア・カナダには8歳~11歳までのお子様が一人で飛行機に乗られる際、『お子様一人旅』というサービスがあり、有料で受けなくてはなりません。

また12歳~18歳までのお子様は、任意でご利用が可能です。

ちなみに、8歳までのお子様には、16歳以上の付き添いが必要となります。

詳しくは、こちらをお読みください。http://www.aircanada.com/jp/travelinfo/before/youngtravellers/minors.html

 

ブログの続きは、こちらから→http://amba.to/1oCxweD

 

 

一足先に熊本へ出張していましたが、いよいよ明日から『カナダ留学フェア2013秋』が開催されます!


明日11月8日(金)午後5時から8時、11月9日(土)午前11時から午後5時まで、東京青山一丁目にあるカナダ大使館で。

11月10日(日)は、大阪梅田センタービルにて、午前11時から午後5時まで。

11月11日(月)は、アクロス福岡に場所を移し、午後2時から7時まで。

会場でお待ちしております!

またフェア開催時間には、お仕事や学校の都合などでお時間が間に合わない場合には、ご連絡ください。なるべくご希望に添えるよう、時間の調整をさせて頂きます。

11月12日以降は京都にて引き続き面談を行います。

ご予約は、お問い合わせフォームをご利用ください。
お待ちしております!

 

ただ今、日本に帰国中!

 

昨夜遅く、京都にあるオフィス兼自宅に到着しました!

エア・カナダの往復料金約11万円!ありがたい~。

しかも、購入した日の翌週に発券すれば、スーツケースが1個ではなく2個まで無料!とH○Sさんのブログにあり、涙・・・してたのですが、当日超過料金を支払う気で2個のスーツケースをハリファックスの空港に持っていくと、

「あれ?あれあれ?・・・なんでだろう?でも、10月26日以降、アジア方面のお客様の荷物は2個まで無料になってるわ!」

と嬉しい言葉。

すっかりウキウキ気分でトロントに向かい・・・そこまでは良かったけれど・・・。

一番長いトロントから成田の便のエンターテイメントに使用するヘッドフォンのつなぐ穴に何かが詰まってて、イヤフォンが繋げない。。。

満席状態だし、諦めるにも諦めきれず、一生懸命イヤフォンの差込口を片手で押さえながらの飛行となりました。(苦笑)

し・か・も!

やっとの思いで自宅に到着したら、何かべとべととスーツケースからもれてる。。。嫌な予感・・・。

ぎぇ~!

メイプルシロップが漏れてる~!

と、スーツケースの掃除や洗濯に夜中近くまでかかりました。。。

ダンボール箱の中に、頑丈にくるんで入れたつもりだったけど、スーツケース自体が古くなっており、ソフトタイプだったためにガラス瓶のものが2個、割れてしまってました。

そんなこんなで昨夜は遅くなったので、お風呂には入ったけれど髪を洗ったら乾くまで待たなきゃならないので、今朝あさ風呂を楽しもう!と読みかけの本を片手にお風呂に向かったら・・・。

「ジャっポ~ン」

本が手から滑ってお風呂の中に。。。

ショック~でした。

でも、これで3つ悪いことが続いたから、日本での滞在中はもう不幸は起こらないかな?

・・・ということで、ちょっと頭が時差ぼけでボケておりますが、日本におります!

『ゆうたろうくんの初めてのハロウィーン』は、主人に写真を撮って送ってくれるように言ったのですが、まだのようなので・・・近日中に報告させて頂きます!

11月8日から11日までカナダ大使館主催の『カナダ留学フェア』に参加します!

詳しい内容は、後ほど。

11月6日は、熊本。

11月7日は、熊本から東京へ。

11月8日、9日は東京。

11月10日は大阪。

11月11日は福岡に出張致します!

お近くにお住まいの方、お出かけの予定のある方、一人でも多くの方に直接お会いしてお話したいと思いますので、ご連絡をお待ちしております!

 

採りたてブルーベリーをクッキング!

 

昨日採ってきたばかりのブルーベリーを長持ちさせるために、クッキングすることにしました!

 

まずは、大きめのものを選んで生鮮として食べるように袋に分け、残りでブルーベリーソースを作ります!

 

 

大きめの鍋に砂糖2/3カップと片栗粉大さじ2杯を混ぜます。

 

そこに昨日採ったばかりのブルーベリー3カップと水1/2カップを入れ、中火で煮込みます。

 

ブルーベリーをつぶさないように気をつけながらゴムべらでかき混ぜ、水分がなくなって、こってりするまで焦げ付かないように、優しくかき混ぜます。

 

 

ここで注意しないといけないのは・・・。

 

 

子供たち!!!

 

 

熱~い鍋の中に、自分の指を今にも入れてなめようとします。。。

 

やけどするから、駄目~~~!!!

 

こんなに綺麗な色に出来上がり!

 

 

少し荒熱が取れたら、レモンを絞ります。

 

ジャムのようにトーストにぬって食べるゆうたろうくん。

 

 

そのままスプーンで味見・・・のチハルちゃん。

 

 

どちらも満足そう!

 

その間にブルーベリー入りのスコーンも作ってみました。

 

 

焼きあがったら、早速する味見のチハルちゃん!

 

 

硬そうな赤い実やつぶれた実は、お皿に入れてレンジでチン!

 

そして、アートを楽しむチハルちゃんでした~。

 

 

1粒残さず楽しめました!

ブルーベリー摘み

 

 

快晴の先週月曜日、1泊2日のキャンプに出かける予定が、急遽私の仕事の都合で、火曜日に延期・・・。

 

と思いきや、夜から荒れ模様の天気予報。。。

 

ならば・・・と、

 

“ブルーベリー摘み”に予定を変更!

 

 

私の親友Maryを毎年出かけた場所、Wolfville の近くにあります。

 

車に乗って、約1時間半のドライブ。

 

昼近くになったけど、おいしいブルーベリーを摘みながら食べれば良いから!と2人とも納得。

 

 

到着後は専用バスに乗って、今日の摘み場に向かいます。

 

 

バスを降りるともう待ちきれない2人。

 

早速、夢中でブルーベリーの木になっている青い実を摘み、口の中に・・・。

 

 

「甘~い!!!」

 

「おいしい!!!」

 

と、パクパク食べる2人。

 

 

なかなか2人の箱は、いっぱいになりませんでした~。。。

 

 

まだ赤い実や緑の実は残し、熟し過ぎた実も省き・・・。

 

せっせと大きい青い実を摘みました。

 

 

お昼ごはんを食べた後、“干満の差が世界一大きい”と有名なファンディ湾の地面を歩いてみたい!

 

という2人の希望で、ちょっと帰りは遅くなるけど・・・と、ブロミドンに戻りました。

 

 

車で約30分、そこには大自然の雄大さを感じさせられる大きな岸壁が広がります。

 

 

いつものごとく?チハルちゃんは海へ駆け込みました~!

 

 

3人で貝殻や石、カニなどを探しながら、満潮の時には海の底となる粘土質の地面を歩くと、潮が満ちてきているのが目に見て分かりました。

 

 

 

 

 

大はしゃぎだった子供たちは、帰りの車の中ではスヤスヤ・・・。

 

帰宅したら第一声が、

 

「あ~よく寝た~!お腹すいた~~~!」

 

こっちとらブルーベリー摘んで、ドライブして・・・今度は夕食の準備だぞ~~~!

 

いいですね~子供って!(苦笑)

 

 

 

ただ今、視察ツアー中!

 

 

ツアー中!ノバスコシア州は、ワイルドブルーベリーの収穫シーズンが始まったばかり!

 

ワイルドブルーベリーの収穫は、約8週間です。

 

そんなワイルドブルーベリーの冷凍された物を日本で使用している皆様の視察ツアーが昨夜から始まりました。

 

3年前にもご一緒した方々3名が日本からお越しの上、北米ワイルドブルーベリー協会やノバスコシア州農水産省の方々とのお仕事。ある意味『同窓会』!のようでした。

 

今朝の気温は、私たちの宿泊先であるPictouでの朝の気温は15℃で、猛暑の日本からお越しの方々にとっては寒いくらいの気温でしたが、7時半に朝食を取り、8時半にはフェリー乗り場へ向けて出発~!

 

 

フェリーのデッキで風に当たりながら、快晴の大西洋の眺めを楽しむ皆さん。

 

 

プリンスエドワード島に到着後は、生産農家のブルーベリー農園を視察したり、

 

 

 

収穫機を見せてもらったり、

 

 

収穫したブルーベリーを集めて量りにかけ、その結果をコンピューターに読み込む作業所を見学。

 

昼食の後には、ワイルドブルーベリーを冷凍する工場の見学にも行きました。

 

冷凍されたばかりのワイルドブルーベリーも頂きましたが、とっても甘くておいしい!

 

帰りは猛スピードでフェリー乗り場に戻り、ノバスコシア州に帰ってきたらホテルで15分の休憩後、ディナーへ・・・。

 

 

 

ディナーは3年前にお邪魔したのと同じ、ノバスコシア州でも有数のシェフが自宅に皆を招いてくれました。

 

 

昨夜到着されたばかりの日本からの皆様。

 

そしてワイルドブルーベリーを日本の方々にもっと知ってもらいたいから・・・と招待したカナダの皆様。

 

 

まるで、ずっと一緒に顔を合わせてお仕事をしているかのように、仲良く和気藹々とディナーの時間を楽しまれました。

 

 

生演奏やバブパイプの演奏もあり、メニューはローカル農家からの野菜にワイルドブルーベリー、ロブスターを含む魚介類、ヒレ肉など・・・。

 

 

ローカルワインやローカルビールとともに、お腹いっぱい召し上がり、庭に現れる鹿を探したり、木の上にとまっている白頭わしを双眼鏡で眺めたり・・・。

 

とっても有意義な一日を過ごされました。

 

ホテルに戻ったのは夜の10時半・・・。

 

今日の仕事は・・・15時間でした~~~。

 

さぁ、明日も頑張ります!

 

 

 

野生動物園(shubenacadie wildlife park)つづき

 

 

 

ゆうたろうくんは『ムース』の口元に興味を持った・・・とスケッチ。

 

 

チハルちゃんは、ウサギやワシのスケッチもしましたが、一番のお気に入りは、『ティンバー・ウルフ』でした。

 

 

その他にも、カナダといえば!の『ビーバー』の泳ぎにも感動の二人。

 

 

のんびりお昼寝の『ラクーン(あらいぐま)』を見ると、

 

 

「いいな~あらいぐまになりたい~!。」

 

 

普段あまり歩き慣れていないのか?二人とも、足がクタクタ・・・と弱音がちらほら。

 

 

「40半ばのおばさんに負けるんじゃない!」

 

 

距離にすると2キロほどだったと思うけど、日差しが強かったのもあるかな?

 

 

車に戻って、お菓子とジュースで元気を出して、帰宅。

 

帰宅後は、私が夕食のハンバーグを作っている間、ブーマーを庭で遊ばせてくれました。

 

夕食後は、明日から雨の予報だから、クラフトするのに石を集めに行こう!

 

 

と、レインボー・ヘブン・ビーチへドライブ。

 

 

8時にゲートが閉まってしまうので、1時間ほどしかなかったけれど、二人は大はしゃぎ。

 

 

なんて仲が良いのでしょうか?

 

 

波に向かって、砂で作ったグレネード(手榴弾)を投げる二人。

 

 

大声で笑い、大声で叫んでも、誰にも迷惑もかからないし、怒られない。

 

余程気持ちが良かったのか、蔓延の笑み。

 

・・・と思ったら、波にやられちゃったゆうたろうくん。

 

 

「しょっぱ~っ!タオル!タオル~!」

 

「・・・って、ゆうたろうくん、タオル持ってきた???」

 

石を取りに来ただけだったので、スーパーのビニル袋だけ手に持ってきたゆうたろうくん。

 

 

シャワーでせめて綺麗に洗ってから・・・と思い、時計を見たら、7時58分!

 

「2分でゲートが閉まっちゃう~!急げ~~~!」

 

と、砂だらけのまま車に乗り込み、ギリギリセーフでゲートをくぐり抜けました。

 

そして夜は裏庭に張ったテントでお休み~。

 

今日も朝から晩まで楽しい一日でした。

 

 

 

 

野生動物園(shubenacadie wildlife park)

 

 

ホームステイ中のチハルちゃんもゆうたろうくんも、動物が大好き~!

 

ということで、今日はWildlife Parkへ出かけることにしました。

 

まずは朝ごはんの後、肉食動物、草食動物、草食動物、食物連鎖などについて英語で勉強。

 

昨夜の残りのお好み焼きを食べて、いざ出発~~~!

 

Shubenacadieは、我が家のブーマーの故郷でもあります。

 

このWildlife Parkに前回来たのは・・・確か息子が4歳のとき・・・。

 

・・・え?もう13年も前?

 

夏休みを主人の実家で過ごしていた夏、息子が通っていたスイミング教室で知り合ったお友達(小学校の教師)に連れて行ってもらった場所です。

 

13年経ったけど・・・全然変わってないな~。

 

さすがは、カナダ。しかもノバスコシア州・・・。進化が遅い・・・。

 

入場料を支払って、車を止めると・・・。

 

孔雀のお出迎え。

 

おりに入っているわけではなく、放し飼い。

 

「こんなに間近で孔雀をみたのは、初めて!」

 

と、二人ともおおはしゃぎ。

 

ゆうたろうくんは早速、孔雀の歩き方をマネてました。

 

 

お母さん孔雀にかわいらしい子供たちが・・・。

 

 

そのとなりで、お父さん孔雀は、一生懸命私たちに威嚇していました。

 

 

まずは、生態系の勉強をして・・・。

 

 

 

こちらは、『ホワイト・テール・ディア』

 

 

えさをあげようと試みましたが、緑の草をおいしそうに食べて、見向きもしてくれませんでした。

 

 

『エルク』も立派ですが、二人が気に入ったのは、『レインディア』!

 

 

そう、サンタさんを乗せて走る、トナカイです。

 

手を伸ばして、角を触った二人。

 

硬いものに毛がフサフサ・・・。面白い感触~!と二人。

 

 

載せたい写真がいっぱいあので、今日はこの辺で・・・。

 

明日に乞うご期待!

 

 

バナナブレッド

 

 

 

 

湖で思いっきり泳いだ上に、家でもRachelと一緒に思い切り遊んだ二人。

 

ブーマーも疲れきって、朝9時ごろまで起きてきませんでした。

 

今日は、少しゆっくりと過ごそう・・・ということで、バナナブレッドに挑戦!

 

 

英語で作り方を読みながら・・・二人で協力して分量を計り・・・。

 

 

オーブンに入れて焼くこと40分。

 

 

 

その間に二人は勉強タイム!

 

やっぱり勉強は午前中に済ましちゃったほうが、1日楽しく過ごせますよね?

 

「食べ慣れない食事はちょっと苦手・・・。」

 

というチハルちゃん。

 

昨夜のカレーは、お腹いっぱい食べられました。

 

その残りで昼食を済ませ、初めての銀行&ショッピング。

 

ゆうたろうくんは、ロードホッケー用の木のスティックをGet!

 

午後は、また二人でテントの周りで何だか工作をしてました。

 

 

 

 

 

Dollar Lakeでピクニック

 

 

到着2日目。まだ時差ぼけがあるはず・・・と思いきや?全然時差ぼけのないチハルちゃん。

 

これって、若さ???

 

天気も良いし、じゃあDollar Lakeにでもランチを持って出かけよう~ってことで、朝一番に勉強を終えた二人。

 

サンドウィッチやオレンジを持って、いざ出発~!

 

車で約30分ほどの場所にあるキャンプ場です。

 

 

平日の朝とあって、静か。

 

まるで、私たちだけの湖みたい・・・。

 

 

今週は私の仕事の都合もあるので、来週辺り二人を連れてキャンプをする予定。

 

ゆうたろうくんは、二度目のDollar Lake。チハルちゃんにも気に入ってもらえるかな?

 

ブーマーは、赤ちゃんの頃から毎夏来ているキャンプ場。

 

 

自分が泳ぐ場所もしっかりと知り尽くしています。

 

の~んびり過ごすのもいいし、

 

 

魚のつかみ取りだって・・・?

 

 

凄い!ゆうたろうくん、素手だけで魚を捕まえてしまいました!

 

 

 

「夜ご飯に焼いて!」

 

と言うけど、ちと小さすぎないか???

 

なので、カメラに収めて逃がしてあげました。

 

夜、空港送迎の仕事が入っていたので、アート教室に来ているGabiのお姉ちゃん15歳のRachelにベビーシッターを頼みました。

 

 

鬼ごっこをしたり、サッカーをしたり・・・。

 

Unoも楽しんだそうです。

 

フランス語を専攻しているRachel。英語を勉強中の二人の気持ちを良く理解してくれ、楽しい時間を過ごしたそうです。

 

 

チハルちゃん、ノバスコシアに到着!

 

 

夏休みの3週間を我が家で過ごすチハルちゃん。

 

元気に到着いたしました~!

 

ブーマーは、またまた大喜び!

 

ゆうたろうくんも、大喜び~!

 

まるで、以前から友達だったような二人・・・。

 

到着初日の夜は、おとなしそうに見えてたチハルちゃんでしたが、声は小さいけど、初対面の私に話す!話す!

 

 

話が止まらないチハルちゃん。

 

あくる日、月曜日の朝はネーテルデーで、私の友人が行っていたガレージセールを覘きに行き、午後は裏庭にテントを張りました。

 

ゆうたろうくんのシュート練習のための的作りを手伝うチハルちゃん。

 

 

・・・あれ?主導権を握って、何かと指示しているのは、チハルちゃん???(笑)

 

ゆうたろうくんの的のはずなんだけど・・・?まぁ、いいか~。

 

 

そして夕食後には、Shubieパークへブーマーのお散歩。

 

この公園(散歩道)では、犬を放して散歩することが許されている区域があります。

 

そこで、チハルちゃんの正体が暴かれました!

 

・・・というのは、湖が大好きなブーマー。

 

そのブーマーよりも先に湖の中に入っていたのは・・・?

 

そう、チハルちゃんでした~。

 

半ズボンをギリギリまで巻き上げて、スレスレのところまで水につかって笑顔いっぱいのチハルちゃん。長旅の疲れは、どこにやら・・・?

 

うっかりしていてカメラを持っていかなかった私。。。すみません。

 

 

 

夏休みのノバスコシア

 

 

7月に入り、日本からもESLサマーキャンプ参加者の皆さんが続々と到着していらっしゃいます。

 

今年のノバスコシア州の夏は、とても夏らしい夏。

 

体感気温も暑い日には40℃まで上昇!湖や海のビーチやコテージに行くには最高の天候です!

 

でも涼しい日には、10℃を下回る気温に・・・。

 

気温の変化が激しいので、日本からお持ちの衣類は、春夏秋ものをご持参下さい!

 

また日本に比べ太陽が身近に感じられます。

 

日焼け止めクリームの使用はもちろんですが、サングラスもお忘れなく!

 

皆さんは大丈夫かもしれませんが、鼻の低い私には、カナダで購入するサングラスは鼻で止まらず、頬にくっきりと跡形が残ります。日本から自分に合ったものをご持参されることをお勧めします!

 

 

我が家にホームステイ中の子供たちのブログ

 

皆さんもご存知のゆうたろうくんに続いて、我が家にはニューフェイスのみうちゃん12歳も加わりました。

 

 

この子達の様子をブログでも紹介させて頂いておりますので、覘きに来てくださいね!

 

ご両親の協力により、ホームステイや留学の現場での良い話ばかりではなく、毎日の体験談をそのまま載せさせて頂いております。

 

夢の世界だけじゃない、現実的な話をご紹介することによって、「ホームステイや留学をしたい!」というお子様たちや親御さんたちが、実情を読んで、見て、聞いて・・・ご家族で話し合われる機会に是非ご利用ください。

 

メッセージもお待ちしております!

 

次は、あなたの番かもしれませんよ!

 

 

ゆうたろうくんの独り立ち

 

今朝8時55分の飛行機でゆうたろうくんのお母様が日本へ帰国されました。

 

 

昨夜は、もしかすると
「お母さんと一緒に日本へ帰る~!」
と泣き出すか?と思いましたが、学校から帰ってきてカナダでの従弟アイザックとワイヤットと遊び、その後お母さん、ゆうたろうくん、私の3人で“The Game of Life(人生ゲーム)”を楽しみました。

 

 

夜はお母さんと一緒に眠ったようですが、朝の見送りにもしっかりとかばんを持って、お母さんを気遣い。

 

3人でゆうたろうくんサンドウィッチと抱き合い、お母様は後ろ髪を引かれながら手荷物検査へと進んで行かれました。

 

ゆうたろうくんは、元気に笑顔で手を振り、お母さんが見えなくなると、ノバスコシアタータンのロブスターとツーショット!

 

 

車に乗ると、
「お母さん、無事に日本について欲しいな~。」
とひとこと。

 

しんみりなるかな???と思ったけど、涙はありませんでした。

 

昨夜も
「ゆうたろうくん、一人になっても頑張れる?お母さんと一緒に帰りたくない?」
と聞いたら、
「だって僕、AAAメイクしたいもん!」
彼の目標には揺るぎがないようです。

 

家に帰ってお父さんとSkypeで話し、その後昼食。
昼食は、昨夜の残りもの、ゆうたろうくんの大好物“カルボナーラスパゲッティ”。

 

その後、息子のロマンがゆうたろうくんを誘い2人でロードホッケー!
何故か、ゴーリーの息子がプレーヤーで、プレーヤーのゆうたろうくんがゴーリーです。

 

 

雪も舞う中、二人とも真剣です。

 

その後は、家に入ってきて私とダンボール箱を使ってフォート(砦)作り。

 

すると息子が・・・、
「お母さん、こういうことさせると真剣になって作るしな~。」(英語)
と笑いながらやってきて、しっかり自分も仲間に入って闘いごっこを兄弟でしてました。

 

 

闘いながら、かくれんぼ。
今でも息子の大好きな遊びです。

 

ゆうたろうくんに、
「僕とは年季が違う!年季が!」(英語)
と、勝ち誇る息子。。。17歳。。。

 

昨日までのゆうたろうくんのお母さんの前と、全然態度が違いすぎ~~~。
そう、昨日まではクールに決めてました。

 

ゆうたろうくん、今日はフォートで寝たいとのこと。
ご両親がこの写真をご覧になったら、怒るだろうな~

 

 

「僕、道ばたで寝てる人みたい!!!」
と大喜びで眠りにつきました。

 

皆さん!きちんとこの隣にはベッドがあるんですよ!
でも、子供の頃、私もこういうことして喜んでたな~って・・・。

 

明日は日曜日、ちょっとくらい寝不足になったとしても大丈夫?!
「日曜日も5時に起きて遊ぶ~!!!」

 

いやいやそれは勘弁しておくれ~。

 

さて、明後日の夜にはもう一人、我が家に女の子が増えます!

 

3人+ブーマー家族が、5人+ブーマー家族に!
楽しみだね!

 

 

小学3年生のゆうたろうくん、到着!

 

4月2日の3学期開始に合わせて、3月24日日曜日の夜、小学3年生のアイスホッケープレーヤーゆうたろうくんがハリファックスに到着しました!

 

 

ゆうたろうくんにとって、これが初めての海外旅行!

 

重たいバックパックを背負って、時差でクタクタのはずなのに、笑顔いっぱいでの到着でした!

 

昨夜は、眠さにもめげず、現地のAtomAAAのプロビンシャル決勝戦を観に行きました。

 

感想は、
「早くホッケーしたい!」
でした。

 

明日は、いよいよ初のアイスホッケーの練習!

 

カナダの地元の子たちが通う、アイスホッケーを授業に取り入れている学校のホッケー。

 

NHLドラフト1位になるであろうコールハーバー出身のネーサン・マキネンの通った学校でもあります。

 

どんな感じになるでしょうか!

 

小学校開始まで1週間あるので、ゆっくりと体をならしてもらいたいと思っています。

 

ゆうたろうくんの場合、お母様も我が家で約2週間のステイをされています。

 

その間に、お互いゆうたろうくんのことで気をつけてあげたいことや、食事などについてもゆっくりと雑談を交えながら母とホストマザーの時間も楽しませて頂いております。

 

 

カナダでのサマーキャンプや9月からの新学年での留学は、まだまだ受付中です。

 

ビザの関係もありますので、お問い合わせはお早めに!

 

 

Landmark East Schoolでの生活

 

 

ノバスコシア州のウルフビルという小さな大学街にある学校、ランドマーク・イースト・スクール。

 

建物は、コンクリートやレンガ造りではなく、一見豪邸を思わせるような木造です。

 

それもそのはず、元々ホテルだった建物を学校に改造したのです。この建物に目をつけた創設者はするどい!

 

ホテルと言っても、ノバスコシア州によく見られるタイプのホテル。B&Bなどを想像して頂くのが一番近いでしょうか。

 

しっかりとした木造の内装には趣があり、豪華なものですが、どこか温かみを感じます。

 

教室もアットフォームさが心地良い。実験室などは新しく増設されています。

 

 

渡り廊下も日差しが入って、とても明るく清潔感に溢れています。

 

ボーディング(寮生)と通学が可能な学校。

 

ボーディングは、Gr.7からとなります。Gr.3~Gr.6の生徒さんには、ホームステイが準備されています。

 

ルームメイトと生活するお部屋は、こんな感じ。

 

 

興味のある方は、いつでも見学が可能ですのでご連絡ください。